2022年5月6日、7日 開祖忌法要と地域清掃活動

少林寺拳法の創始者、宗道臣(そう どうしん)の命日(5月12日)を迎えるにあたり、本部道院では開祖忌法要と地域清掃活動(宗道臣デー活動)を実施いたしました。

宗道臣はなんのために少林寺拳法を創始したのかといいますと、「自分の命を大切に使う人をつくるため」であり、「リーダーをつくるため」。

いつの時代でも、人々を幸福に導いていけるリーダーの存在が求められています。そして自分の命を大切にしましょう。

    

いいね!>> いいね! 2人