本部道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 飯野 貴嗣
少法師 准範士 七段
皆さま、こんにちは。現在、本部道院道院長を務めております飯野貴嗣と申します。

当道院では現在、「参与道院長制度」というのを適用しておりまして、私は代表道院長ではありますが、ほかに向田弘之、冨田雅志が参与道院長を務めており、皆で協力して運営しております。

当道院が、ここに集うすべての人にとって、人生の活力源となるところであり、人生の道しるべとなるところであり、だれもが居心地の好い居場所となるところでありたいと思っております。

そのためには、人と人とのこころがふれあい、ともに汗をかき、技を磨きあう。
そして、自他の成長を信じあい、互いの絆を深めあっていくことが大切だと考えています。

少林寺拳法は年齢や性別に関係なく、いつからでも始められます。

また、生涯修行としての、汲めども尽きぬ、たのしさと奥深さがあります。

是非、一緒に汗をかきませんか。
見学、体験、お待ちしております。