最新の記事
Shorinji Kempo

和やかな一コマ

本部道院では時折、絵本の読み聞かせの時間を取っていますが、今日は6年生の男の子が読んでくれました。

みんなも食いつくように、みてくれました。

大家族のように和気あいあいでやっていますので、どんな子でも打ちとけてくれます。

課題はメリハリです・・・(^^;)

昇格しました(香川県UNITY運営委員会)

7月16日(日)、昇格考試が開催され、以下の3名が昇段の允可を受けました。おめでとうございます。

・少拳士二段 草薙勝則

・准拳士初段 足立拡章、宗 百花

3名は日ごろの道院の修練に加えて、昇格考試に向けても個別に修練を重ねてきました。

その努力が実ったのだと思います。これからも自己確立・自他共楽の道を共に歩んでいきましょう!

[主催 香川県UNITY運営委員会]

允可状授与後の記念写真

道院の修練日以外にも毎週努力を重ねてきました。

人一倍の熱心さと向上心をもって努力を続けてこられました。継続されることで健康増進にもなっているようです。

仕事も多忙で大変な中、継続して修練に励まれ、しっかりと実力を付けられました。

   

丸亀建設協会支部の浦田先生、馬場さんにも大変お世話になりました。

この場を借りてお礼申しあげます。

道院にて。子供たち全員が祝福してくれました。

これからは他の少年部拳士のお手本となって、さらに自分を磨いていってください。

教えを学ぶ方法 クイズ形式

「少林寺拳法には『教え』がある」

でも、指導者から一方通行ではなく、いかにキャッチボールがとれるか。

こどもたちはクイズが大好きなので、ときどき、クイズ形式で教えを学ぶこともしています。

答えのあるクイズもあれば、答えのないクイズもあります(答えは人それぞれ)。

また、こどもたちからも、指導者にいろいろと質問してくれるので、場が盛り上がります。

地域清掃活動~多度津駅の上の橋

いつもの修練日、今日は地域清掃活動として、多度津駅の上の橋をはきそうじしてきました。

多くの子供たちが参加してくれました。みな口々に「きれいになって気持ちよかった」と話してくれました。

また、橋を通られる方にも大きな声で「こんばんは」とあいさつをしてくれていました。

 

いまから駅に出発です

そうじのわりふり(2グループにわかれて)

ゴミはあまり落ちていないですが、砂ぼこりは多くありました

ところどころにタバコのすいがら

5歳のちびっ子もお姉ちゃんをいっしょにがんばってくれました

20分間のそうじ。ありがとうございました!

子供たちよ、グングン伸びよ

現在、本部道院の少年部は18名います。

子供たちは何でも吸収し、これからグングン伸びていくエネルギーを発出しています。

指導者はそのお手伝いをさせていただいております。

と同時に、将来への責任も担っているわけで、それを自覚しますと、真剣勝負で接せざるを得ません。

子供たちよ、グングン伸びよ。

 

合格証書授与

4月に開催された一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITYの昇格考試での合格証書が届きました。

ひとつひとつ階段を上っていくように、成長の励みにしてください。

少林寺拳法は自己確立、自他共楽。君たちの人間的成長をどこまでも望んでいます(^^)

宗 百花 1級合格証書授与

塩野紗菜 2級合格証書授与

出水憲辰 2級合格証書授与

 

地域清掃活動(宗道臣デー)

5月3日(憲法記念の日)、多度津町内の清掃活動をしました。

道端にずっと放置されていた大きなゴミをひとつひとつ拾いました。

ささいなことですが、このような活動をこれからも大切にしていきたいと思います。

 

現代版の寺子屋・・・?

少年部では現在、下は4歳から小学6年生まで、大家族主義でやっています

夕方6:30 修練開始

6:31 鎮魂行(教えを全員で唱え、短い時間ですが坐禅をします)

6:45 体力トレーニング(走り回ったり、体幹トレーニングしたり、遊びながら)

7:00 技術修練(科目表に沿って、1回の参座で1つの技をに見つけることを目標に取り組みます)

7:30 作務(使わせていただいた道場への感謝の気持ちをこめて、皆で清掃します)

7:35 法話(人としての在り方、日常生活での心構え、自分の可能性を信じて何かにチャレンジすることなどを学びます)

7:45 終了(そのあとは、8時まで遊びの時間)

8:00まで遊びの自由時間

 

 

叶愛さん入門式 新しい仲間が増えました

新しい仲間が増えました。植松叶愛さんです。お友達の誘いで見学に来られ、入門を決意されました。

大家族のような感じで賑やかですので、すぐに仲良くなってくれると思います。

これから少しずつ覚えて、成長していかれることを願っています。

     

 

修練は和気あいあい

4月に入り、少しずつ修練しやすい気候になってきました。

一般の部では、技術の研究としながら、和気あいあい、笑顔で修練しています。

少林寺拳法の道場は、殺伐としていない、互いに技を掛け、掛けられて、身心を修めていきます。

こういう雰囲気、じつにすばらしいですね。