2022年開祖忌法要を開催

5月21日(土)、今年の開祖忌法要を開催しました。
当初は開祖道臣禅師の命日である5月12日に近い修練日の5月14日(土)に実施する予定でしたが、諸般の事情で1週間遅くなりました。
まだまだ感染症の影響もあり参加者は少なかったですが、静謐な雰囲気のなか、開祖の遺徳を偲びました。

教典唱和

表白文奉読

門信徒献香

門信徒献香

導師法話

今回の導師法話は絵本を読みました。


読んだ絵本は『せかいでいちばんつよい国』(デビッド・マッキー作 なかがわちひろ訳 光村教育図書)
「戦争は絶対にしてはいけない」と強い信念をもって、「平和で豊かな理想の社会」の実現を説いた開祖。
開祖がもしこの絵本を読まれたら、どういう話をされるか…、そんなことを想像しながら読み聞かせをしました。
いちばん真剣に聞いていたのは、高校生拳士。
ロシアとウクライナの戦争について、自分のこととして考えることができたようです。
ロシアとウクライナの戦争だけでなく、世界で起きている紛争が一刻も早く終わることを願って。

いいね!>> いいね! 3人